サービス内容と特徴

Pocket


ご自身が亡くなった後のご家族の平穏な生活
には「転ばぬ先の杖」と少しの工夫が必要です。当事務所では、相続関連文書の作成を専門にサポートしております。ご自身での作成が困難な場合、専門家に間違いのないものを作成してほしい場合など是非当事務所にご相談ください。


  小泉行政書士事務所の特徴

★確かな法律の知識と争いを未然に防ぐ視点
あなたをご担当するのは、元家庭裁判所調査官の行政書士です。家庭裁判所調査官は、遺産分割協議の中でも家裁の調停が必要な紛争性の高い案件や法的に複雑な案件を主に担当します。そのため、将来の紛争を未然に防ぐための視点と確かな法律の知識により、あなたの大切な財産をあなたのご意思通りに分配するお手伝いをいたします。
家庭裁判所調査官についてお知りになりたい方はコラム「家裁調査官とは」をご覧ください。

連絡手段が豊富
メールやお電話、スカイプなどを利用し、事務所に足を運んでいただかずに手続きを進めていただくことが可能です(公正証書遺言作成の場合は、公証役場に出向いていただくことは必要です)。もちろん、事務所にいらしていただいて、お顔を見ながらお話しいただくことも可能です。

丁寧な説明と確かな聞き取り力
多くの方にとって、人生で初めての遺言書作成ではないでしょうか。そのため、難しい法律の知識も簡単な言葉で、ご依頼者様に納得いただけるまで、何度でもご説明いたします。また、書類作成の要は「聞き取り力」です。相談者様のお気持ちやお考えを間違いなく反映した書類を作成いたします。

ワンストップサービスが可能
遺言書作成や遺産分割の手続には、さまざまな専門家のサポートが必要な場合があります。弊所では、相続関係を専門に扱っている弁護士、税理士及び司法書士と提携しております。そのため、財産の中に不動産がある場合、税金に関する相談が必要な場合、親族間に争いがあり、弁護士に依頼しなければならない場合など、迅速に対応することが可能です。


  ご提供するサービス内容

自筆公正証書遺言

自筆公正証書遺言は、手間やお金がかからないという点で、公正証書遺言よりも優れています。一方、検認が必要になるといったデメリットもあります。まずはお試しで作成してみたい、すぐに書換の予定がある、気軽に何度も書き換えたい、といった方にお勧めです。


公正証書遺言

公正証書遺言は、公証役場にて公証人が作成する遺言書です。
原本が公証役場に保管されるので、紛失・棄損した際に写しの再発行を受けることが可能です。また、検認手続きが不要で相続手続きがスムーズに進むこともメリットです。当事務所では、自筆証書遺言のサポートも実施しておりますが、より安全で確実な公正証書遺言をお勧めしています。


遺産分割協議書

遺言書がない場合、法定相続人とその相続割合については民法が定めています。しかし、これは目安としての分数的割合に過ぎず、具体的な財産を誰が相続するかは、相続人全員による「遺産分割協議」が必要です。また、法定相続分と異なる遺産相続を実現するには、遺産分割協議及び遺産分割協議書の作成が不可欠です。他にも、後日の紛争を防止する目的や、銀行預金を相続した場合の払戻し、相続税申告、不動産の登記手続きの際などに必要になってきます。


遺言執行

遺言執行者とは、遺言の内容を正確に実現させるために必要な手続きなどを行う人の事です。遺言執行者は各相続人の代表として、被相続人の死後の遺産分割における財産目録の作成や、預貯金の管理、不動産の相続登記の手続きなど、遺言の執行に必要なすべての行為を行う権限を有します。

成人した者であれば、基本的に誰でもなる事ができます。ただ、預貯金や不動産関係の手続は煩雑な上に、平日の日中しか行えない手続がほとんどです。また、相続人のうちの一人を遺言執行者に指定した場合、親族間の紛争を招くこともあります。そのため、専門家にご依頼いただくことをお勧めします。


内容証明郵便作成 
 内容証明郵便

 内容証明郵便とは、郵便局が手紙を保管する制度です。 同じ内容の手紙を3通作成し、1通を相手に送付し、残りの2通を郵便局と作成者がそれぞれ1通ずつ保管するシステムです。とても重要な文章を作成する際に利用されます。 遺産分割協議作成や執行に際しても、共同相続人に内容証明を作成して相手に送付することができます。  また、その他の内容の内容証明についても作成をお受けしております。


  小泉行政書士事務所のご紹介
 代表  小泉 道子
-みなさまへのごあいさつ-
15年間、家庭裁判所調査官として勤務する中で、いろいろなご家族に出会いました。私は、けして優秀な家裁調査官ではありませんでしたが、目の前の当事者に誠実に向き合い、自分に何ができるかを考えてきました。今度は、家庭裁判所の外で、これまで培った知識や経験をもとに、みなさまのお手伝いができればと思っております。
その一環として、相続関連のお仕事をさせていただくため、行政書士資格を取得しました。日々、遺されたもののため、また、ご自身のため、遺言書を作成しておく大切さを痛感しています。お迷いの方は、是非ご相談いただければと思います。
本社所在地
〒108-0074 東京都港区高輪4-23-6
ハイホーム高輪708号
電話番号
03-6277-1112
メールアドレス
info@koizumi-gyosei.com
アクセス
JR山手線「品川駅」から徒歩4分
JR東海道線「品川駅」から徒歩4分
京急本線「品川駅」から徒歩4分

事務所

当事務所では、利用者さまの利便性を考え、レンタルオフィス形式の事務所を複数ご用意しております。そのため、ご相談をご希望の方はご自宅や会社の近くにある事務所をお選びいただけます。いずれも、ご自宅の一室にいるようなリラックスした雰囲気でお話しいただけます。

品川事務所

麻布十番事務所

渋谷事務所

麹町事務所

日本橋事務所


 

 

お問い合わせ
お問い合わせはこちら